本文へスキップ
ENGLISH

久屋アヴェニュー法律事務所は、税務(含 租税訴訟)、著作権、
コンプライアンス、離婚・相続等を取扱分野とする法律事務所です。

ホーム業務内容>個人のお客様SERVICE&PRODUCTS


個人で法律トラブルを抱えていても、
法律事務所は敷居が高いと思われる方は
まだまだ、多いかもしれません。

弁護士に何らかの処理を依頼すべき案件なのか、
依頼するとしてどのくらいの費用がかかるのか、
まずは、ご相談いただければと思います
主な取扱業務は、以下の通りです。

 ・遺言・相続
 ・離婚
 ・ハーグ条約
 ・任意後見・成年後見
 ・不動産
 ・肖像権・名誉権

個人のお客様への主な取扱業務

遺言作成、遺留分対策等の
相続発生前のご相談、
相続発生後の法定相続人の調査、
遺言執行、遺産分割協議書の作成
遺留分減殺請求権等についてのご相談
その他、戸籍等の取り寄せ、
名義変更等の手続きの代行も致します



婚する際には、財産分与、慰謝料、
年金分割等の経済的問題から
親権、養育費、面会交流等の子供に
係る問題など、
解決しなければならない問題が色々と生じます。

当事者間で話し合いをしたり、
調停を申し立てるにあたって、
法的知識を得ておくことは、重要です

また、協議離婚であっても離婚協議書を作成しておけば
これらについて合意した内容の証拠となりますし、
公正証書で作成しておけば、
養育費が支払われなくなった場合に、
強制執行することが可能です。


ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)に関するご相談(国際的な子の連れ去り、子との面会交流の案件)に対応しています。
子の返還請求がされないか不安に思われている方や既に返還請求されている方、あるいは、子との面会交流を求められている方、是非、お早めにご相談ください。


任意後見制度は、ご本人が、契約の締結に必要な判断能力を有している間に将来、判断能力が不十分になった場合の後見事務の内容と後見人を、事前の契約によって、予め自ら定めておくものです。
このような任意後見契約を締結しておくと、ご本人の意思で信頼できる人を後見人に選ぶことができます。
任意後見契約は財産管理を主目的とするものですが、いわゆる「ライフプランノート」(生活支援や死後事務に関するご希望、リビング・ウイル等について記したもの) をご一緒に作成し、法律相談や定期的な見守りをお受けするホームロイヤー契約も承っております。
 また、ご親族の判断能力が弱っており、後見、保佐、補助といった法定後見制度の利用を考えたい場合も、
ご相談ください。
所属弁護士は、愛知県弁護士会高齢者・障がい者総合支援センター(アイズ)の支援弁護士に登録しています。


家賃を滞納されている、明け渡してほしい、
敷金・原状回復で揉めている等、
借地・借家のトラブル、
管理費を滞納されている、
総会運営で揉めている等、
マンション管理に係るトラブルなどについても、ご相談ください。



肖像権については、これを定める明文の規定はなく、
主に、マスメディアとの関係で議論されてきた経緯があり
裁判例・判例の集積をみても、
その保護範囲は明確とはいえません。

肖像権侵害、名誉棄損等についても、ご相談ください。